I love it!

1列目物語《夢の終わり》

ライブ中、高見沢さんは何度も私の前に立ってくれた。
お仕事だってことはわかってる。それでも私は何度も幸せを感じることができた。
頭の片隅では、この世でしておきたいことはもう何もないかもなぁと感じ始めていた。

2日間のライブが終わってしばらく無気力だった。
ちなみに、2日目は18列目で3人をじっくり見て、リラックスして歌ったり踊ったり楽しんだ。
2日間でいろんな脳内物質が放出されたのだろう。疲れたような満たされたような、どちらとも言える感覚。
いつお迎えが来ても受け入れられるような…冥土の土産とはこういうことか(笑)

とにかく素晴らしい経験だった。1列目はやっぱり特別だ。
みんなに順番に1列目が回ってくるといいなと思う。
私はこれからまた50回ほどライブに通い続けたら、再び1列目が回ってくるだろうか?
星守様…これからも私をベストポジョンへ導いてください…と祈らずにはいられない。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する