I love it!

ちょっと雑談

最近2冊の闘病記を読みました。
病気になった人は、お二人とも30代の独身女性で一人暮らし。
一人はガン、もう一人は脳卒中でした。
病気になった時期、住んでいるところなどは
お二人とも違うのですが
どちらの方も病中病後しばらくの間
お母さんが娘さんのところへ来て
お世話をされていました。
そして、一人暮らしに戻れる状態になったら
お母さんは自分の家に帰ってしまわれるのですが、その時に
「何かあったらまた来るから」
みたいな言葉を残されます。
その部分を読んで、私は自分の母のことを思いました。
私が病気になっても、母は来ることができないなと。
母自身が病気なので仕方がないことなのですが
一番頼りたい母には頼れないんだなと。

そんな母を心配させないように
私は元気でいないといけないのですが
年齢が近い女性の闘病記を読んで
突然の病に見舞われることもあると、改めて思いました。
自分だったらどうするか…
もしそうなった時、パニックにならないように
何か考えていなければいけないなと
思っているところです。

(ここから余談)
そんなことを考えていたら
何かを感じとったのか
担当して下さっている保険屋さんが
新しい商品を持って来ました。
すごいタイミングでびっくりでした(笑)

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する