I love it!

脳ドック

今年の1月に私の両親は脳ドックを受けました。

昨年から様子がおかしかった母に受けてもらうため
父も一緒に受けたのですが
結果は二人とも再検査となり、2回目の検査で
父に脳動脈瘤があることが告げられました。
大きさは5ミリ。

病院では5ミリ以上の人には手術を勧めているそうで
父も手術を勧められましたが
父には「まだ5ミリ」という感覚があるらしく
半年に1回検査を受けるということで
様子を見ることになりました。

果たしてその脳動脈瘤はいつからあったのか?
そしてそれは大きくなっていくのか?

父には頭痛などの症状は全くないそうです。(高血圧ですが)
母のことを心配しての付き添い脳ドックで
まさか自分に異常が見つかるとは
考えてもいなかったと思います。

脳動脈瘤について、病院ではこう言われたそうです。
「脳動脈瘤が破裂する人は100人に1人。
もし破裂したら
3分の1の人は亡くなり、3分の1の人は寝たきり
3分の1の人はもとの生活に戻れる。
88歳までに破裂しなかったら
それ以降も破裂しないでしょう。」

ちなみに、破裂したらクモ膜下出血になるそうです。

すぐに手術をするかどうか相談されたとき
私はその間母のことは見てるから
手術してもいいよと言ったのですが
頭を切開して、コブをクリップで挟むような手術らしい(私の想像)ので
なるべくやりたくないのでしょう。
父は半年に1回検査をして、大きくなっているようなら
手術をするつもりでいるようです。
2週間で退院できるそうですが…

それにしても、本人に全く自覚症状がなくて
そういった脳の病気が見つかるとは
父も大変ショックだったと思います。
これからどうしていくかは父次第ですが
検査と検査の間の半年間に
破裂しないことを祈ります。

そして、私の脳は大丈夫なのか?という
疑問を持ち始めた今日この頃です。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する